紀州漆器を中心に他産地漆器、竹細工、印伝等の小売、卸販売を行っております。
 ←TOPに戻る || 会社概要 | 販売について | 楽天販売店 | 商品一覧 | サイトマップ | お問い合せ || 

 木質漆手塗 『七ツ入子鉢』 古代根来



池庄がこだわる根来塗とは
使い込むほどにいい色になっていく。

紀州漆器について
戦国時代より伝わる紀州漆器とは。

池庄漆器店について
創業129年の老舗漆器店。

 TOPページ >> 商品一覧 >> 木質漆手塗 七ツ入子鉢 古代根来


取り出すのも、片付けるのも楽しい。

「これは何だろう?」と思わず聞いてしまう面白い形状をしています。『入子鉢』といいます。鉢の中に一回り小さい鉢が、その中にもう一回り小さい鉢が、計7つの器が重なっています。

一つ一つ、器の大きさが違うので色んな盛り付け方が出来て重宝します。片付ける時も、重ねておけばスペースを取らず、取り出す時も必要な分だけ取り出して後は重ねて片付けておけます。

使い方はあなた次第、一番小さいのはお新香や薬味を入れてみたり、一番大きいものには丼として使ったりと、1人だけではなくご家族で楽しめるのがこの鉢の嬉しいところです。

使い込むほどにいい色。長く楽しめる器。

根来塗の歴史は古く、正応元年(1288年)にさかのぼり、紀州根来寺の僧侶によって作られた、朱塗りにかすりの黒班紋が特徴の味わい深い漆器です。

根来鉢の楽しみなところは、使い込むほどに趣のある色に変化していくところです。使い込むうちに少しずつ変色してきます。

朱塗りが徐々に明るく発色して、中塗りの黒漆が出て味わいが出て来ます。長年使った鉢は作ったばかりの鉢よりも鮮やかな発色になるのが根来塗りの楽しいところです。



根来塗は日常に使う為の漆器。

「漆」って高級で手入れが大変だと思い込みがち。
しかし、根来塗りの器はそんなことないんです。

根来塗の名称は紀州(和歌山県)の根来寺から来ており、当時僧徒が自分の寺で使うものを作りました。お寺で僧が日常的に使う為、きれいに塗るというより、使いやすさ、丈夫さに主眼をおき、黒漆で何回も塗り重ね、最後に一回 朱漆を塗り、仕上がりとしました。

現在は、磨き上げたり研いだりはしますが製法は基本的に同じ。使い込めば使い込むほどに、朱漆の下の黒漆が少しづつ現れてくるので趣のある色合いに変化していきます。
手入れについては、なるべく水に長時間浸けておかず、使用後はすぐに洗って(フツーに洗剤とスポンジで洗っていただいて構いません)カゴにふせて乾かすだけで結構です。水気を拭き取る必要もありません。(電子レンジ、オーブン、食器洗浄器はお避け下さい)

まずは、あなたの感性に合わせてお使いください。



『 お客様の声 』
入子鉢でお昼ごはんを楽しみました。
いつものおかずが、漆器の温かみで美味しくなりました。

飯椀から、汁椀、おかずの椀と・・・全ての料理をのせることが出来ました!
7つあれば、ほとんどこの鉢だけで料理をのせられますね。
和食を作る際には、必ず使っています。というか、漆の鉢を使いたくて和食の日が増えたような気がします。

これからも食卓に潤いを与えてくれる漆器を提供してくださいね〜。
あけましておめでとうございます。
今年は寒い幕開けでしたが・・・池庄さんがある和歌山は大丈夫ですか?

この度は、入子鉢のおかげで華やかなお正月を過ごすことが出来ました。
おせち料理を器ぜ〜んぶに入れちゃいました。
赤の器に花が咲いたようです。
思わず写真に撮っちゃいました。

今度はぐい呑みが欲しいです〜。甘酒甘酒〜。
母の日に入子鉢をプレゼントしました。
母はもう歳なので、なかなか7つ全部の鉢を使わないのですが、
少量の食事でも楽しみながら食べてくれています。

漆器のお椀は使ったことがなかったので、手入れ方法や洗い方が心配でしたが、
通常の器と同じ洗い方でいいと聞いて安心しました。

次は自分用の椀を買って使いたいです。

木質素材に漆を刷毛塗りしております。
仕上げに黒を塗って最後に朱色を塗る根来塗です。

大きさは、小さい順から
(1)径7.3×高さ3cm (2)径8.8×高さ3.7cm
(3)径10.4×高さ4cm (4)径11.8×高さ4.7cm
(5)径13.6×高さ5.4cm (6)径15.2×高さ6cm
(7)径16.8×高さ6.6cm


木質漆手塗 七ツ入子鉢 古代根来
価格 10,000円 (税込10,800円) 送料込
お買い上げ1万円以上で送料無料

 ■ 木質系漆器とは
 木質とは、木質複合樹脂の事で、木の粉末と樹脂の半分程度ずつ混ぜ合わせ圧縮熱整形した素材です。
 木製とプラスチックの中間的な存在です。塗料ののりが良く、強度もあり、木製では難しいかたちも成形できるので、高級樹脂系木地として多く利用されています。

 ■ 根来塗りお椀のお手入れ
  • 体質により、ごくまれに塗料(漆)でかぶれることがあります。
  • 直火、電子レンジ、オーブン等での使用はしないでください。火災の危険があります。
  • 塗料は無害ですが、割れ、欠け、ひびがはいった場合はご注意ください。
  • 過剰な重さがかかる状態では使用しないでください。
  • 長時間水に浸すことは避けてください。使用後は出来るだけ早く洗い、しっかりと水分を拭き取ると長持ちします。
  • 日光に長時間さらしたり、高湿の状態にさらすと変形、変色、かびを生じることがあります。
  • 新しい漆器のにおいが気になる場合は、米びつに数日間入れておくか、薄めた酢で軽く拭くと効果的です。
  • 油の染み出ているものや、指紋が付いた場合には、柔らかい紙や布で丁寧に拭き取ってください。
  • タワシ、磨き粉、食器洗い機、食器乾燥機の使用は避けてください。

「根来塗」の歴史

鎌倉時代、室町時代、戦国時代にかけて隆盛を誇った根来寺(和歌山県那賀郡岩出町根来)で作られ、使われていた朱塗りの漆器を江戸時代の初期に根来、根来ものと珍重されたことにより広く伝わったとされているが、根来塗の名称は根来寺に由来するものである。

根来寺で作られていた漆器は、日常的に使うための生活に密着した実用品で、大量に生産されていた。丈夫な木の素地に布着せを行い、炭粉等で下地を施し、黒漆を塗り、仕上げに朱漆を刷毛で塗ったまま仕上げる方法(立塗り)で作られていた。そのため、丈夫であるが、毎日使っている内に、表面が摩耗して、中塗りの黒漆が表面に現れ、自然に朱と黒の模様ができる、これが現在の根来塗の基になったのである。

根来寺が栄えた1228年頃〜1585年の約300年の間に丈夫で、使い易い漆器が大量に作られ、山内及び各地にも出荷され使われていた。しかし、天正13年(1585年)の秀吉の紀州攻めにより、根来寺の全山がほとんど焼失し、什器として使われていた漆器や漆器を作っていた工房も消滅し、その後、根来の地では漆器は作られていなかった。漆器を作っていた工人は、全国に散らばり、黒江、輪島、薩摩、吉野等で漆器の製造に携わったといわれている。

現在では中塗りに黒漆を、その上に朱漆を塗り乾燥後、表面を研ぎ出し所々に黒の研ぎ出し模様をつけた漆器を総称しています。

現在売られている根来塗りには、地名をつけた「京根来」「奈良根来」「吉野根来」「薩摩根来」「堺根来」、色により「黒根来」(あけぼの塗とも云われます。朱中塗と黒上塗で逆転しています)「青根来」、塗り方により「刷毛目根来」「布目根来」などがあります。

 ←TOPに戻る || 会社概要 | 五代目店主 | 販売について | よくあるご質問 | 個人情報の保護 | 上に戻る ||

実店舗 〒642-0011
和歌山県海南市黒江692
TEL.073-482-0125 FAX.073-482-7788
692 Kuroe, Kainan, Wakayama, JAPAN 642-0011
Phone +81-73-482-0125 FAX +81-73-482-7788
WEB本店 URL http://www.ikeshoo.jp
MAIL info@ikeshoo.jp
楽天店 URL http://www.rakuten.co.jp/ikeshoo/

  Copyright 池庄漆器店 All rights reserved. ▲このページの上に上る